耐震工事

おはようございます、まるへい建設です。

 

今日は耐震工事のお話をしたいと思います。

 

以前は、耐震工事を行うと聞くと、

天井や床をはがして、筋交いや金物をいれて、と

大規模な工事となるケースが多かったです。

 

 

 

今では、ダイライトなどの壁面で耐震補強ができるようになったため、

工事の簡略化(天井や床は工事不要)で

工期の短縮や費用を抑えることが出来るようになっています。

 

 

内側に、断熱材を追加して、

耐震性能だけではなく

断熱効果もアップさせます。

 

 

断熱材を入れた後には、上からダイライトの壁を張りつけます。

ここには、そのまま壁紙を貼ることもできます。

 


昭和56年(1981年)5月以前に建てられた住宅で、

耐震補強を行う際に、住んでいる自治体によっては

補助金が受けられるケースもあります。

 

工事を始める前に、ぜひお住いの自治体に相談してみてください。


 

ちなみに練馬区の場合は、無料で受けられる簡易耐震診断があります。

どういった工事が必要か、おおよその費用はどのくらいかなどを教えてくれます。

 

通常は有料の耐震診断ですが、無料で受けられるというのが良いですね。

(対象は昭和56年5以前に建てられた家のみです)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です