基礎工事

おはようございます、まるへい建設です。

 

建物を建てる際に、行っている工程の1つに

砕石を使った基礎工事作業があります。

 

 

 

 

これは在来工法で、地面と建物との間に隙間が存在すると、

あとで建物が下がったり傾いたりしてしまう危険性があります。

 

それらを防ぐために、基礎工事としてしっかりとした地盤固めを行います。

 

砕石作業や転圧作業は、建物の重さを地盤で支える力を

より強固にするために行うものです。

 

 

 

丸平では、注文戸建て住宅を建てる場合に、

通常のC40の砕石前に、プラスアルファーで、

サイズの大きい1号サイズのものを使用して砕石しています。

 

より転圧効果を狙って、強度を高められる方法で工事を行っているんですよ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です