家づくりの流れ
トップページ > 家づくりの流れ

資料・カタログ請求
お客様のニーズに合わせた様々な情報をお届けします。丸平建設のコンセプトや商品カタログや冊子をお送りします。

現場見学会・ご相談
現在お住まいの住宅に対する不満や悩み、資金計画から今後のご要望などをお聞かせ下さい。また、現場見学会に足を運んで頂き、実際に当社で建築を進められているお施主様の現場をご覧頂くことができます。

土地をお持ちの方
プランづくりから資金計画・法律・税金対策まで住まいづくり全般のご相談を承ります。

敷地調査
現状や立地条件をはじめ法規(建ぺい率、容積率、用途地域など)の調査を行います。調査をもとに、その土地にかかる様々な法的制限や、予算の基本となります。敷地測量(実測にて敷地の寸法を把握します)・隣地の状況確認、上空障害などの確認・役所調査=法的規制の確認。地域条例等・法務局にて公的敷地調査。

概算・見積もり
プランの内容から概算で見積もりを提出します。同時に資金計画(新築した場合にかかる本体、税金、諸経費、雑費などの様々な費用)の打合わせを行います。家づくりを進めるために、「全部でいくら掛るのか?」お打合せします。

基本設計
細部までプランを検討し、外観、間取り、設備、仕様など打合わせの上決定します。カラーパースによる図面にて、詳細プランのお打合せをします。50分の1~100分の1スケールによる詳細平面図でのお打合せをします。

資金計画
新築した場合にかかる様々な費用(建築本体工事、税金、諸経費、雑費)と人生設計から見た返済額と返済期間の決定をします。金融機関の選択をいたします。必要に応じて金融機関の紹介もいたします。

設計契約と工事確約書
お客様に充分にご確認頂いた上で、設計契約書と工事確約書に署名と捺印をしていただきます。

設計図面制作
確認申請に必要な図面を制作します。

建築確認申請
建築確認申請手続きを行います。

工事請負契約書の締結
見積書を提出させて頂き、内容を確認をして頂き、工事請負契約書に署名とご捺印をして頂きます。

地鎮祭
土地を利用させてもらうことの許しを得るという目的で地鎮祭を行います。既設建物の解体がある場合は、家を解体後、地鎮祭になります。

地盤調査
スウェーデン式サウンディング工法による地盤調査を行い、その結果次第で地盤改良等の有無を確定し、改良工事が必要な場合には工事内容についての説明を致します。

工事着工
建物の基準となる土地の高さを決定します(GL設定)。

地盤改良
建物の位置を確定し、地盤改良を行います。

基礎工事
ベタ基礎工事に入っていきます。

上棟式
お客様のご希望により上棟式を行います。特に上棟式をご希望されない場合でも建物のお清めをスタッフと一緒に行います。

大工工事及び中間検査
構造体の金物工事・防蟻処理の実施などの内部造作を施します。また住宅設備の取り付けも行います。この際に、役所及び社内にて構造検査を実施します。

内装工事及び外装工事
「内装工事」と「外装工事」では、建物の内側と外側を仕上げます。見た目に美しくするだけでなく、耐火性、耐水性、耐食性など、建物の様々な機能を向上させます。

外構工事
外回りのブロック工事やコンクリート工事を施工します。

工事完了及び完了検査
確認検査機関による完了検査を受けます。同時にお施主様立会いによる最終チェックを行います。

お引渡し
ついにお引渡しです。住宅設備等のご説明を行います。その後鍵と取締説明書の引渡しをさせて頂きます。

ご入居
お引越しをしていただき、晴れてご入居となります。