丸平ができること

トップページ > 丸平ができること

title1
fukidashi1
魔法びんのような家

エネルギーゼロを実現するゼロエネ住宅は、魔法びんのような保温性に優れた家。外気温の影響をうけにくく、一年中快適です。さらに、部屋間の温度差や床から天井までの温度差が少なく、ヒートショックを防ぐ効果も。心地よい温度をムダにしません。

fukidashi2
換気もムダなくかしこく

きれいな空気を保つためには換気が重要。ゼロエネ住宅は高性能な熱交換換気システムで快適な室温・湿度を保ちながら家中の空気を入れ替えます。また、外気洗浄フィルターでホコリや花粉をシャットアウト。クリーンな室内環境をつくります。

fukidashi3
自然の風を活かす

小さなエネルギーで快適に暮らすには、エアコンばかりに頼らず、自然の風を上手く活かすと、夏を涼しく過ごすことができます。防犯にも配慮した小さな窓を利用して、家の脇を通り抜ける風をキャッチしスムーズに外へ逃がすことで心地よい風が通り抜けます。

fukidashi4
電気・ガス・水道を節約

省エネとは、電気・ガス・水といった、暮らしのすべてのエネルギーを節約すること。水まわりの設備や給湯機器を、保温性のよい浴槽や、手元で ON・OFF できるシャワー、節水トイレを使う事で、大きな省エネ効果が期待できます。

fukidashi5
省エネモニター「見える化」

省エネモニターは、太陽光の発電量をリアルタイムで見ることが可能です。部屋ごとの電気使用量もわかるので、子供たちも部屋の使用量をチェックでき、節電意識も高まりまります。

fukidashi6
電気・ガス・水道を節約

省エネとは、電気・ガス・水といった、暮らしのすべてのエネルギーを節約すること。水まわりの設備や給湯機器を、保温性のよい浴槽や、手元で ON・OFF できるシャワー、節水トイレを使う事で、大きな省エネ効果が期待できます。

fukidashi7
光熱費ゼロ

光熱費ゼロの暮らしは大きな魅力です。SW ゼロエミッションモデルによる年間高熱費は-112,594 円。光熱費ゼロを超えて 11 万円以上も副収入が得られる資産に。さまざまな条件によって光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。


! 丸平は、2020年 ZEH 50%以上の受託率を目標にしています !

ZEHとは?

 ZEHとは、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略です。
政府は「住宅については2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅(ZEH:ゼッチ)の実現を目指す」とする目標を発表しました。

ZEHビルダ-とは?

 国が目指す住宅の在り方に賛同し、その基準を満たした家づくりを行っているビルダーのことを「ZEHビルダー」と呼びます。2016年度はそのZEHビルダーが建てた家を対象とした補助事業も行われます。(2017年度以降については未定です)

ZEH1

(※2016年度は目標10%のところを、ZEH受託率43%を達成!)

 

丸平の目指す、住宅性能

 丸平が目指す家づくりは、「健康で快適な生活を、効率よく省エネルギーで行うこと」です。
SW工法を基本仕様とする『高気密・高断熱』を追求し、夏は涼しく冬は暖かい魔法瓶のような家をまずはしっかりと作りたいと思っています。そのうえで無駄なエネルギーを使わなくても快適な生活を送っていただけるように、日照を有効活用する採光を考えたり、自然の風の流れを取り入れる『パッシブデザイン』に基づいた設計を行うことを重視しています。

性能2