月別アーカイブ: 2018年9月

最近の現場の様子

こんにちは、まるへい建設です。

 

最近の進捗状況のお知らせです。

 

児童厚生施設のお仕事をいただいています。

こちらの現場では、道路と床の高さに対して規制があるため

コンクリートに近い位置に床を設置しています。

 

 

そのため、床下に断熱材を入れました。

 

 


 

最後に、こちらの写真をどうぞ。

秋のお花が揃いました。

入り口で、皆様をお出迎えしています。(^^)

 

窓の形状を変更

おはようございます、まるへい建設です。

 

事務所の上の階では、リフォーム工事が進行中です。

今日はその中から、窓の交換についてご紹介します。

 

元は、↓ 下の写真のような掃出し窓でした。

 

 

目の前の道路拡張の工事のため、

ベランダを撤去する必要があり、

窓の形状も、上のみ開閉するタイプのものに変えることになりました。

 

 

元々の窓枠を使い、その上から新しい窓枠を設置。

こうすることで、施工時間も短くなり

費用も抑えることが出来ます。

 

 

明るさを保ちつつ、窓の形状が変更となりました。

ベランダは後日撤去することになります。

 

今回はリフォームの過程で行いましたが、

住んだままでも可能な作業です。

1日あれば交換作業が行えます。

 

断熱防水にすぐれた屋根

おはようございます、まるへい建設です。

 

今週は屋根つながりの話題をお届けします。

 

こちらは、新築の屋根工事です。

通常とは少し違う、断熱材を敷く方法で、施工を行いました。

 

元旦ビューティー工業(株)社製の

断熱ビューティルーフ2型(金属屋根)を使った工事です。

 

 

写真で白く映っているのが断熱材で、

黒っぽく映っているのがカラーガルバリウム製の鉄板(0.5mm)です。

※一般的に0.5mmはかなり厚い方です

 

 

屋根は軽くて頑丈な方が良いとされています。

非常に軽量で防水性能・耐久性能・高断熱の屋根です。

 

 

 

弊社が多く施工しているスーパーウォールでは、室内に断熱を施しますが

今回は屋根側で断熱を行います。

 

つまり、室内でも断熱+屋根でも断熱で、より効果を見込めます。

 

もし、室内のリフォームで断熱に手を加えるのが

費用や工事の手間の面で難しい場合でも、

屋根側の工事で断熱効果を高めることが出来るので

おすすめです。

 

 

職人さんからの評価

おはようございます、まるへい建設です。

 

今朝は一気に気温が下がっていますね。

窓を開けて寝ていたら、寒さに目が覚めてしまいました。

 

 

今回は、以前弊社で家を建ててくださったお客様の屋根について、

他業者さんからお褒めの言葉をいただいたと報告がありました。

 

 

隣家の工事を請け負った業者さんと、弊社のお客様が立ち話をしたそうです。

 

「いや~。お宅はどちらの業者さんに屋根をつくって頂いたんですか?

同業者なので、見るとよくわかります。

しっかりとした仕事をされる会社さんですね」

 

1つ1つ、目の前の仕事を丁寧にこなしている結果が

こうやって別の職人さんに認めていただけるのは幸せなことです。

とても励みになりました。

 

 

お客様のお宅では、

竣工時に小学校に入学されたお子様が、

今年大学を受験されるそうです。

 

「あの時の、あの子が!」と成長に驚かされるのも

地元でやってきている醍醐味の1つですね。

 

「受験がひと段落したら、リフォームをお願いしたいんだ。」と

さらにうれしいお話をいただきました。(^^)

 

無事に春が来るのを、楽しみに待っています。

 

 

 

 

家族で共通の趣味を

おはようございます、まるへい建設です。

 

ちょっと可愛らしい写真を手に入れたので、

今日はいつもとは違うテイストの投稿を。

 

 

 

中村家のプリンセスです。(^^)

 

娘さんの写真を会社のPCの壁紙に設定して、

癒されています。

それを見て、周りの私たちもほっこり。

 

最近の中村のパワーの源は、家族ですね!

 

 

もちろん、奥様とのリフレッシュタイムもしっかりと取っていますよ。

 

 

 

 

野球大好きな夫妻は、高校日本代表 VS 大学日本代表戦 を

観に行ったそうです。

 

夏の甲子園で活躍した高校生選手たちが

「オールスターチーム」となって神宮球場に集結!

金足農業・吉田輝星や大阪桐蔭・根尾昂、藤原恭大なども出場したみたいです。

 

 

 

 

社長夫妻はゴルフや温泉を二人で楽しんでいます。

家族で同じ趣味を持つって、良いですね~。